-ZyuN1a-のAVAブログ

Alliance of Valiant Arms(AVA)で活動している-ZyuN1a-のぶろぐです。アップデート情報/武器カスタム/武器レビュー/クランetc・・・といろいろ書いてます。

AVAその他

RST後の俺氏。

おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

じゅにあです。

RST爆破部門お疲れ様でした!

ということで、Rememberは初戦敗退となりました。

悔しかったですが、最後のRSTみんなで楽しく終わることができ良かったです。

今の話の流れから爆破で終わりみたいな雰囲気出てますが、今回の本命は護衛です。

来週の土曜日がRememberの本当の最後の大会になります。

その大会が終わると皆それぞれ別々の道を歩み始めます。

クラマスのふうたさんはもといた稲刈りらいだーへ。

RCM時代から一緒にやってきたクエストはルールフリーで活動しているクランの2軍へ。

その他の仲間も解散後自分のしたいことをするそうです。

自分ですが、次に行くクラン決めていません(・・;)

一時、クエストと一緒にルールフリーで活動しているクランの2軍に行くことを決めていましたが、

まだまだ自分は基礎がしっかりとしていないため、ルールフリーの2軍なんてまだ早いと感じやめました。

しかし、ルールフリーで活動する夢はまだ諦めていません。

今年1年は今までのような感じのクランで活動して基礎を固め直して、来年の今頃ルールフリー

を目指す。そのような形をとらせてもらおうかと思います。

しかし、現状だと解散を一週間後にして次に行くクランが決まっていない・・・

そんなわけでクラン探しを頑張るじゅにあでした。

それでは今日はここらへんで失礼させていただきます。





 

友好クランReBooooooT様と週1で交流会を行うことになりました(´∀`)

先日、クラマスから突然「今週から週1でReBooooooTさんと交流戦するから~(^ω^)」

と通告を受けて、早速昨日交流会がありました。

内容は今まで通りです。

今回は16人部屋が満杯(観戦もいっぱい)となるほど両クランから参加者が集い、とても充実した

交流会となりました。

AVA_140419_212122_[ 0, 0, 0][0][]_00
AVA_140419_212620_[ 0, 0, 0][0][]_00
AVA_140419_215305_[ 0, 0, 0][0][]_00
AVA_140419_221841_[ 0, 0, 0][0][]_00
AVA_140419_224356_[ 0, 0, 0][0][]_00
AVA_140419_231902_[ 0, 0, 0][0][]_00

 

第6回AVABUKURO参加してきました~

ってことでオフイベ参加してきました。

写真を撮ろうと思っていたのですが、思ったよりも撮ってる時間がなくて撮れたとしても手ブレが

酷くてなんの写真だかわからない状態だったのでありません。

今回はRememberで出よう(提案者自分)ってことで出れる人で出てきました。

今回参加したクラメンはふうたさんとしょうちゃんそして自分です。

ということで当日のことをぐだぐだと書いておきます。

朝9時に池袋の駅前のロッテリアでRememberの参加メンツとは待ち合わせということだったのですが、

結局全員集まったのは10時前でしたw 

その後ロッテリアで朝食を取っていざ快活クラブ池袋東口駅前店へ。

行くと既に数人参加者がいました。今回の参加者は定員60人のところ30人ほどしか集まらなかった

らしく、ローカルでわいわいとしたものとなりました。

受付で色々とありましたが、無事に本日の予定表をもらいAIM調整へ。

ローセンシの自分からするときつかった。マウスパッド置いただけで机の半分近くを占拠。

仕方がないのでゲーム内感度を上げてAVAしてました。

PCはスペックがとても高く快適でした。

そしてチーム分け。自分はFチームへ振り分けられたのでメンバーを確認すると・・・

はい。凄すぎです。有名なお方が2人も!

足でまといにならないよう全力でAVAしてました。

その結果優勝や準優勝は逃しましたが、戦犯はありませんでした!

試合はまったりと進み決勝戦やらも終わって抽選会。

大目玉のデバイスバック(ピンク色)はクラマスのふうたさんがゲット!

(ふうたさんはそれ以外にもマドガリ永久に55000€を貰っていました。)

無事にイベントも終わり朝ロッテリアで食べて以降何も食べてなかった自分らのお腹はもう限界。

ってことで近くにあるファミマでおにぎりを購入。

その後駅前にある電気屋2店舗を周りデバイス触ったりPCパーツ見たりして

山手線に乗ってそれぞれの降りる駅でお別れ。

その後自分は豪勢にグリーン車乗って帰りました。

流石に疲れたのでその日は家帰って飯食って風呂入って歯磨いて寝ました。

以上でオフイベの報告は終わりです。

オフイベは今後も積極的に参加していきたいのですが、学校がまた明日から始まるので

どうなるかはまだわかりません。もし参加できるのなら夏くらいにある東京のに参加する予定です。

それでは。 

FR-F2からFN Ballistaへ@近状報告

FRからBallistaへ乗り換える事を昨日決めました。

最近のマッチやCWで抜ける壁の裏に敵がいるときFRだと抜けない・・・

結局それでどうにもできなくなって諦めたら敵が出てきて・・・

まぁ、そういう時は大抵赤ブレにすぐ切り替えて使うのですがね。

とりあえずそういうことが多くなってきて、そろそろFRから壁抜きのできる武器へ変える決意をしました。

そこで選んだのがBallistaです。

買ってから何回か使っいましたが、取り出し の速さや壁貫通能力の高さに満足してます。

一撃率がそこそこなのは気にしない。

連射の速さを活かしてすぐに反撃できるからするから(`・ω・´)

ASW・PGM・DSRもいいかな・・・と思っていましたが、ASWはスコープが自分に合わない。

PGMは取り出しの遅さに不満。DSRはスコープの揺れが酷くて当たらない・・・

そんなことで今回は見送りました。

取り出し早くてそこそこの一撃率。更に壁抜きができる。

FRと違って精密スコですが、元々PGM勢だったのでそこまで問題ないです。
 
勿論FRも使いますが今後は赤ブレ+Ballistaの組合せになると思います。 

2スロ切れたら赤ブレかBallistaのどちらかになります。(9割赤ブレになると思いますが・・・) 


近状報告ですが、 一週間ほど前に大尉1になってやっと大尉になったんだよな・・・とか感じていたら

もう大尉2になっていました。休みって恐ろしいですね。気付いたら朝から晩までAVAしてます。

フレとマッチに行ったり、CWしたり内戦したり壁抜き研究したりグレポジ特訓したりそんなことを

しながら日々楽しんでいます。この勢いで行くと多分階級は夏休み終わりには少佐になっていて

SDは1.4代か1.5くらいになっているかと思います。ちなみに今は1.352だったはず。

少佐になったらすぐCaveTubeでの配信を復活させたいと思います。

最後になりますが、先日投稿した記事沢山のご閲覧ありがとうございました。

今後もあのような感じの記事を書きたいと思いますので何かありましたらコメントお願いします。 

ガチと非ガチの定義について考えて対策をする。

つい先日、友好クランReBooooooTさんのマスターさんのOMEGAさんに

「うち(ReBooooooTさんのこと)を外から見てどんな感じのクランに見える?(*´∀`*)」

と自分とクラマスの二人に聞かれまして二人共その時「半ガチですかね・・・(・・;)」と答えたんですよ。

すると今度は「君たちの半ガチってどんな感じの定義?」 と聞かれて自分は

結構テンパりながら答えたのであまりよく覚えていませんがほかの人の意見を聞く限りではもっと

沢山の定義がありました。

その時OMEGAさんが言っていたOMEGAさんなりの半ガチ定義が

「ある程度の勝率を確保することを意識的に義務化。

クランとして戦闘技術の目標を掲げ、そこに到達させる。」

というものでした。

では何故自分らがOMEGAさんに呼ばれたかと言うと、

クラメンを募集する際に半ガチとか微ガチとかといったことをルーム名に書いたりするが、

自分の中では半ガチだと思って入ったクランが実は自分の中で思っていたガチの方の分類に入る

クランだったΣ(゚д゚lll) といった定義の違いによるメンバーの脱退によるクラン崩壊・・・

そうならないためにはどうすればいいのか?それを考えるためだったそうです。

なんか随分と前に自分にも同じことがありましたね(・・;)

そんあことがあって自分でも改めて考える機会になりました。

「クラメン募集を行うとき半ガチや微ガチなどといった人それぞれによって定義の違う言葉を使わず

にどう説明すれば理解してくれるか。」

これが今回の議題になりますね。

自分なりに昨日一日考えた結果こうなりました。

ルーム名を「クラメン募集」にしてルームに入ってもらい、そこでうちはこれこれこういうクランですよ

と丁寧に説明する。又は、そのルームでクランHPを見てもらい理解をしてもらう。

半ガチや微ガチなどとった言葉を使わないでクラメン募集する時結局はこれ一つになると思うんです。

自分がクラメン募集をする時、このクランはどんな感じのクランですか?と聞かれたら

うちはこれこれこういうクランですねと丁寧に答える。

そうすることによって、定義の違いによるクラメン脱退や崩壊を少しでも防ぐことが出来ると思うんです。

そんなわけで今回は半ガチや微ガチなどといったガチ度による人それぞれの定義の違いによる

クラメン脱退を防ぐための対策等を考えましたが、結局は仮入隊をするのが一番だったりします。

そうやって考えていくとキリがないですが、そこがまたクランを経営していく上での楽しみだと思います。

いつものことですが、文章力が自分にはほぼ0なので誤字脱字や文章的におかしいとこがありますが

ご了承ください。しっかりと勉強して後々修正します。

OMEGAさんのBlog







Amazon
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
tweet
  • ライブドアブログ